石川 雄大

決して裕福ではない家庭で育った経験から、「お金に対する知識を学びたい」と、当初は興味から始めた簿記やファイナンスの勉強であったが、「経営者やビジネスパーソンとしてファイナンスの知見は必須」と捉え、明治大学政治経済学部在学中に並行して専門学校へ通う。

ダブルスクールをする傍ら、サークルを設立し大学公認サークルに成長させる。在学中に公認会計士短答式試験、税理士試験科目、日商簿記検定1級、FP技能検定2級合格を果たす。

大学卒業後は税理士法人へ入社し、法人・個人の申告・経理関連業務やコンサルティング業務に関わる。

次いで、アクセンチュアのプロジェクト管理会計部へ入社。ハイテク・通信部門、製造・流通部門、資源・エネルギー部門の200名超の大規模プロジェクトにてプロジェクトファイナンスを担当。更に大連や部門全体のオペレーション改善を果たす。

Festats合同会社にて経営管理コンサルタントを兼業、 オーダースーツサロンやボディケアサロンの運営に関わり、自身でもパラレルキャリアをスタート 。
更に、プロに師事してFXトレーダーとしても7年間活躍、金融リテラシーを培う。

その後、ヘッドハンティングにより、株式会社日本M&Aセンターの社長室・経営企画室へ入社し、自社の経営戦略や業務提携、予算策定、海外子会社設立等を経験。 さらにコモングッド株式会社に執行役員として参画する。

2019年10月に株式会社キャリアプを設立、同代表取締役に就任。ファイナンシャルプランナーとしても活動し、個人・法人の資産設計業務に携わる。

書道師範免許を保有。好きな言葉は「義理・人情・恩返し」。人と人との繋がりを最重視する。

   

   

大手アセットマネジメント会社に新卒で入社。主に新卒・中途採用や社員の能力開発などの人事業務を担当。

本業の傍ら、自身でも投資信託や株式投資による資産運用を始める。

その後、大手コンサルティングファームへ転職。金融・産業材・通信業界を中心に、事業・マーケティング戦略の策定やDX(デジタル・トランスフォーメーション)推進、大規模システム開発などのプロジェクトに従事。

慶應義塾大学 経済学部卒業。日本証券アナリスト。

  

  

慶應義塾大学卒業後、大手証券会社にて投資銀行業務に従事。
その後、外資系投資銀行にて新規上場(IPO)等の株式発行業務、外債等の債券発行業務といったプライマリー市場にて活躍。

現在は世界最大手の運用会社にてアドバイザリー業務及びマーケティングを担当。

金融市場の裏側を知るプロフェッショナルとして金融経済・運用に関するアドバイスを公私共に行っている。

また長年採用担当をしていた経験や自身の転職経験も活かし、キャリア相談も得意としている。

  

  

  

2004年、21歳の時に人材派遣業にて起業。

2012年よりファウンダーとして活動し、IT、エネルギー、金融、など計7社の立ち上げに関わる。

現在は後進の育成に力をいれており、活動の幅を海外に広げている。

  

  

1988年 静岡県磐田市生まれ。経営者であった祖父の遺言で医師の道を目指すも、医学部は不合格、神戸大学大学院 工学研究科の道に進む。

そこで培ったITとビジネスの知見を元に将来の起業を見据え、新卒でソフトバンク株式会社に入社。

売上約200億円の法人向けICTサービス部門で、新規事業リーダーとして配属、事業成長に貢献。

会社員時代に自身が資産づくりに失敗した原体験から、2017年、「自分さえよければいいをなくす」をミッションに「コモングッド株式会社」を設立。

テクノロジーや業界のネットワークを武器に、ファイナンシャルプランナーとして、創業2年で計500件超の個人資産設計業務に携わる一方、不動産会社向けの戦略/ITコンサルにも携わる。NPO法人 ABC&T 理事。株式会社キャンプトピア Co-founder。乗馬ライセンス4級。

  

  

大学卒業後、株式会社JTBに入社。

転職後、海外有名ビジネススクールとの協働研修企画や海外現地社員への経営理念浸透施策プロジェクトを主に担当。

また入社5年目には採用担当として、優秀キャリア人材の獲得や仕事と家庭の両立を目指す女性向け広報活動を行った。

7年間働いた後、現在は大手電機メーカーにて、グループ会社の経営統合に伴う新規育成体系構築や新人事制度導入を担当。

外部での講演多数。テーマはイノベーション、リーダーシップ、キャリア形成など。また中小企業の社長向けのプレゼンテーション指導も行う。

趣味はフットサルで、最近はフットサルでの足の疲れを癒すべく通うタイ式足ツボマッサージに悶えながらPCを叩くのが日課に。